教育システム

道はあなたが切り開いて下さい。私達はしっかりバックアップします。

企業の存続は人材なくしては考えられません。決して経営層の能力や時代背景、立地条件、ましてや運などではありません。

だからこそ私達は人材の育成に努力を惜しみません。

皆が高い目標を持ち、切磋琢磨し、食に関する研鑚を積み、力を存分に発揮するならば「お客様に楽しさと感動を与え、食卓に笑顔と健康を提供する企業」になれると信じています。

明日のために、未来のために、人材育成投資を続けます。

当社では、より広い視野で「お客様の立場に立った発想」が出来る人材を育成するため、以下のような研修・見学を行っているほか、中途採用者の入社時の不安やハンディを解消するための研修も随時行っています。

コンサルタントによる社内研修

  • 店長・バイヤー研修

    管理職(店長・バイヤー)を対象として、講義形式による研修を実施しています。管理職に必要な、販売方法や計画、店舗のマネジメント等を総合的に学ぶのが目的です。

  • 各部門リーダー研修

    店舗の部門リーダー(チーフ・リーダー)を対象として、講義形式による研修を実施しています。部門毎の売場の作り方、計画の立て方、管理手法等を学ぶのが目的です。

  • 部門研修
    鮮魚、精肉、惣菜、レジチェッカー担当を対象とした研修を実施しています。各々の部門に特化した専門技術やサービス等を学びます。
  • 新入社員研修
    新入社員を対象に、講義形式による研修を実施しています。 スーパーマーケットの基礎知識や、商品知識、考え方等を学ぶのが目的です。  

『経営幹部訓練講座(MIP)』への参加

経営幹部として必要となる人格形成・マネジメントの実践・情報収集能力の育成等を目的に、(株)村上経営研究所(北九州)主催の訓練に参加しています。4泊5日の日程で、将来の幹部候補を対象としています。  

CGC主催の研修への参加

CGC主催の「店長研修」や「カスタマーサービス研修」に参加しています。知識や技能の習得と共に、他社従業員との情報交換も参加の大きな目的です。

参考: CGCとは直訳すると「食品小売業の協業機構」という意味です。 1973年に設立されて順調に発展をとげており、現在、加盟企業(全国の中堅・中小規模のスーパーマーケット)は226社、3686店舗に及び、グループでの総年商は4兆2000億円を超えています。(2011年2月現在)  

他店見学

CGCに紹介をいただき、県内・県外に拘らず「売れている店」「人気のある店」を定期的に見学し、自店の改善の参考にしています。  

産地・工場見学

商品・産地・生産方法・製造方法に対する理解度を高め、且つ安全度を確認することで、お客様の求められる品揃えに応えられるよう定期的に生産地や製造工場を見学しています。  

海外視察

CGC主催の海外研修にも積極的に参加しています。 スーパーマーケットの先進国であるアメリカやヨーロッパを視察し、販売センスや経営手法をつぶさに見て、「地域密着型」店舗運営の弱点克服に生かしています。

地域貢献活動