【レポート】木次乳業&グッディー 手作りバター教室

【手作りバター教室 レポート】

夏休み限定企画として開催いたしました、木次乳業&グッディー 手作りバター教室。グッディー平田店、医大通り店、北部店、斐川店の4店舗にて行い、全部で50名近くのお客様にご参加いただきました!!

ありがとうございましたm(__)m

手作りバター教室では、バターを作るための材料から作り方の体験、手作りのバターの味を体験しました!!

木次パスチャライズ牛乳と生クリームをペットボトルに入れて混ぜること20分。塊ができてきたら丸めて水分を取り出して出来上がり!!

バターは牛乳と生クリームの脂分でできるそうです!!

手作りのバターはパンにつけて食べました!!

自然なバターの味に参加されたお客様みんな感動!!おいしいといっていただくことができました♪お子様ももくもくと食べる姿をみるとおいしいんだな~と感じますね♪

 

バターをつくりながら牛乳についてもお勉強。

木次パスチャライズ牛乳と普通の牛乳の違いを実感。牛乳は殺菌方法でにおいも味も成分も違うこと。

パスチャライズ牛乳は、低温(65℃)でじっくり(30分)殺菌するので、においも少なく飲みやすいと。お子様もどっちがおいしい?の質問には、『パスチャライズ』のほうを選んでくださいました!!

パスチャライズ牛乳は、おなかの中で成分が固まるのでおなかを下しにくくなるのだとか。

 

また、バターを作った際に出る水分(脂肪分が出たもの)が、いわゆる低脂肪乳になったり乾燥させて脱脂粉乳になるそうです。

低脂肪乳も乾燥させた脱脂粉乳に水やいろいろなものを混ぜてできているものもあるそうですので、選ぶときの注意してみるのもいいかもしれません。

大人も子どもも新しい発見があった体験になりました\(^o^)/

 

 

木次乳業様より作り方の説明
牛乳と生クリームをまずは冷やして。。。
出来上がりのバター!!
頑張って振っていますよ~
さらに水分を押し出して。。。出来上がり!!