ヘルシーのレシピ

*2022年9月食育献立メニューです。

*冷やすとよりおいしく召し上げれます。

*大豆の代わりにツナなどでもよいでしょう。

*きのこはお好みのものに変えてもOK

*1食分のタンパク質量:4.9g

*1食分の食物繊維量:4.4g

 

*2022年6月食育週間おすすめレシピです。

*オートミールは食物繊維など栄養豊富な食材です。和洋中に合わせやすいです。

*カゴメ基本のトマトソースと蒸し大豆でリゾットにしました。材料を混ぜて、煮込むだけ!

*2022年6月食育週間おすすめレシピです。

*オートミールを使った蒸しパンです。手軽にレンジでできます!

 

*2022年5月食育献立レシピです。

*1食分の食物繊維量:2.1g

*1食分のタンパク質量:6.1g

*キュウリは、ポリ袋に入れてからたたくと飛び散らずにたたけます。

*2022年4月食育週間おすすめレシピです。

*オートミールとフリーズドライのスープを使った簡単レシピです。

*2022年2月食育献立レシピです。

*1食分の野菜摂取量:約70g

*1食分の食物繊維量:3.0g

*お好みで、仕上げにブラックペッパーを振ると、味がよく締まります。

*切り干し大根の食感を楽しめる一品です。

*2021年12月食育週間おすすめレシピです。

*具沢山のスープレシピです。

 

*2021年11月食育献立レシピです。

*1食分の野菜摂取量:約70g

*1食分の食物繊維量:0.6g

*生のバジルがない場合は、乾燥バジルを適量振りかけてもよいでしょう。

*お好みで、ナスやパプリカ、サラダチキン、チーズなどを加えてもおいしいでしょう。

*2021年8月食育献立レシピです。

*1食分の食物繊維量:2.7g

*1食分の野菜摂取量:約140g

*手作りのサラダチキンとほんのり甘めのハニードレッシングが相性よしです。

*鶏肉をお湯につけているときに浮いてくる場合は皿などをかぶせ、途中上下返すと均等に火が入りやすくなります。

*鶏肉を切る場合は、冷ましてから切ると、きれいに切ることができます。