ホットメニューのレシピ

*2021年12月食育週間おすすめレシピです。

*具沢山のスープレシピです。

 

*2021年11月食育献立レシピです。

*1食分の野菜摂取量:約210g

*1食分の食物繊維量:7.0g

*鱈は塩を振ってすこし置くことで、魚の生臭さと余分な水分が取れます。このひと手間で、よりおいしくなります。

*2021年11月食育献立レシピです。

*鍋の残りの具でもOKですが、お好みでベーコンやウィンナーなどを加えてもよいでしょう。

*通常のスパゲティを使う場合は必ず下茹でしてから、加えるようにしましょう。

*〆にごはんを加えてリゾット風にしても♪

*2021年1月食育献立です。

*1食分の食物繊維量:4.3g

*追いキムチで、キムチ感up!

*〆にご飯を加えて雑炊にしたり、中華麺を加えたりしてもよいでしょう。

*2020年11月食育週間おすすめメニューです。

*玉ねぎはじっくり炒めると旨味がぐっと増します。

*お好みでゆでたにんじんやブロッコリー、ポテトなどを添えてもいいです。

*2020年11月食育週間おすすめメニュー

*ハインツデミグラスソースを使ったビーフシチューレシピです。

*時間をかけて煮込むほど牛すね肉がやわらかくなりおいしく仕上がります。

*深めのフライパンでもできます。

*牛肉をバターで焼くことでソースにコクがでます。

◆2019年11月食育献立レシピです。

◆食物繊維量:5.3g

◆〆の雑炊:エネルギー 184g、たんぱく質 6.4g、脂質 3.2g、食物繊維量 0.2g、塩分 1.8g

※野菜はお好みのものに変えていただいてもOK。キムチの味がもう少し欲しい場合は、市販の白菜キムチなど、食べやすい大きさに切ったものを足すとよいでしょう。

*2019年10月のレシピです。

*食物繊維量 4.2g

*きのこには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がたっぷり!水溶性はコレステロールの排出を助けてくれるのに対して、不溶性は腸を刺激してぜん動運動を促し、腸内に溜まった不要な老廃物を絡め取って排出する働きがあります。