調味料のレシピ

*2021年食育献立レシピです。

*1食分の食物繊維量:5.4g

*1食分の野菜摂取量:約100g

*野菜はお好みのものでかまいません。

*2021年6月食育週間おすすめレシピ

*カゴメ基本のトマトソースでミートソースをアレンジしてキーマカレーにしました!

*蒸し大豆をプラスして食物繊維、カルシウム、たんぱく質をプラスしましょう!

*2021年3月食育週間おすすめメニューです。

*自然の味こめ油を使いあっさりと仕上げました。

*2020年11月食育献立メニューです。

*1食分の食物繊維摂取量:3.5gです。

*2020年10月食育週間おすすめレシピです。

*ますやみそ&グッディー 出西生姜みそを使ったレシピです。

*お使いのトースターによって焼き加減が異なります。様子を見ながら調整してください。魚焼きグリルでもできます。

*2020年6月レシピ

*素材にこだわったかける酢をかけるだけの簡単レシピです。しょうがの千切りや小口切りにしたねぎをのせてもおいしくいただけます。

*お好みで添付のたれを加えてもいいです。

*2019年10月のレシピです。

*食物繊維量 4.2g

*きのこには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がたっぷり!水溶性はコレステロールの排出を助けてくれるのに対して、不溶性は腸を刺激してぜん動運動を促し、腸内に溜まった不要な老廃物を絡め取って排出する働きがあります。

 

*2017年4月におすすめしたレシピです。

*今回使用したかための木綿豆腐は水切りなしでも美味しくできます。

*通常の木綿豆腐、絹とうふを使う場合は水切りをすることぉおすすめします。

*薬味に使ったみょうがと小ねぎにトマトみその風味が加わり、お豆腐の味が引き立ちます。

【トマトみその作り方】

みそとトマトケチャップを1:1で混ぜ合わせて出来上がり。

◆2016年1月食育週間でご紹介したレシピです。旬のぶり、酒かすを使ったメニューでからだを温めましょう。

 

*酒かすでからだの中からぽかぽかに!栄養満点のお鍋です。

*南蛮漬けは熱々を食べても良いのですが、おすすめは30分から半日程度漬け込んだものがおすすめです。冷蔵庫に保管して冷やしてもおいしくいただけます。

*さんまと野菜のうまみがしっかり調和した南蛮酢に大根おろしに絡めていただきましょう。

*南蛮酢はお好みで鷹の爪を加えてください。